メンバー
LinGon - early music ensemble

レベッカ ルフェーヴル(ヴィオラ ダ ガンバ)

 

幼少期よりピアノとチェロを通して音楽に慣れ親しむ。2006年よりブリュッセル王立音楽院ヴィオラ ダ ガンバのクラスに在籍、2011年にディプロマを得て卒業。これまでにフィリップ ピエルロ、ヴィーラント クイケン、ジョルディ サヴァール、ヴィットーリオ ギエルミの各氏に指事。現在フリーランスのヴィオラ ダ ガンバ奏者としてLinGon, Amaranthus, BachPlusなどのグループでコンサートやレコーディングに参加し活躍している。2011年よりスウェーデンウップサラ大学の楽譜校訂コースを受講、2012年よりソフィ ヴァンデン エインデ氏のもとでリュートを学んでいる。ブリュッセル在住。オフィシャルサイト

中丸まどか(バロックヴァイオリン)

 

3歳よりヴァイオリンを始める。東京芸術大学器楽科ヴァイオリン専攻、大学院古楽科ヴァイオリン専攻修了。古楽の世界をさらに深く知るために文化庁新進芸術家海外研修制度、ベルギー政府より奨学金を得て2006年よりブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。2009年にディプロマを取得し卒業。現在フリーランスのヴァイオリニストとして ベルギー、オランダのオーケストラや室内楽グループでコンサートやレコーディングなどで活躍している。共演したグループはLes Muffatti, Il Gardelino, Les Agremens, Vox Luminus他。これまでにヴァイオリンを故白井英一、白井英治、澤和樹の各氏に、オリジナル楽器奏法(バロックヴァイオリン)を若松夏美、シギスヴァルト クイケン、サラ クイケン、ミラ グロデアヌの各氏に指事。バロックのみならずクラシック〜ロマン派のレパートリーも幅広く、2006年ライプツィヒ管弦楽団来日の際にメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲のソリストを務め大好評を博した。これまでに培った知識と経験を活かし、後進の指導も積極的に行っている。現在ブリュッセル在住。オフィシャルサイト: www.madokanakamaru.co

ヴィクトリア・リードベルギウス(ソプラノ)

 

幼少の頃より合唱団で音楽に慣れ親しむ。

ブリュッセル王立音楽院にて声楽をベアトリス ヴォス氏、ダイナ ブリアント氏に師事し2008年にディプロマを得て修了。その後ケルン音楽大学院古楽科にてカイ ヴェッセル氏に師事。現在ソリストとして、また合唱メンバーの一員として様々なグループ(LinGon, Overo Trombone, Les Demoiselles de Liège, Calliophon, Collegium Vocale Gent.など)で活躍している。今までに 共演した指揮者はフィリップ・ピエルロ氏、ジェローム ルジュンヌ氏、フィリップ ヘレヴェッへ氏、ピーター デイクストラ氏 トヌ カリユステ氏など。オスロ在住。

宮崎賀乃子
レベッカ ルフェーヴル
中丸まどか
ヴィクトリア・リードベルギウス